うつ・パニック・自律神経

統合失調症と診断され、3ヶ月以上改善が見られない時の3つの対処法

投稿日:

この記事でわかることは次の一つ。

統合失調症で薬以外に最短で治す方法

統合失調症とは

周りの人とのコミュニケーションが取ることが困難になることが多です。孤独になりがちで、被害妄想、幻覚、不安などが症状として現れます。近所付き合いでもトラブルを起こすなど、集団生活が苦手です、症状が重くなると生活に支障を生じます。

症状

一般的な症状として、陽性症状、陰性症状に分けられます。

陽性症状は発病してすぐの急性もしくは再発時にみられます。陰性症状は急性期をへて、長い期間に症状がみられます。
陽性症状は疑い深い、思い込みが激しい、被害妄想、幻聴、奇抜な行動、周囲を混乱させるなどがあります。

陰性症状は会社に行けずに引きこもり、感動しなくなる、言動に一貫性がない、意欲の低下、集中力の低下、人、物に無関心などがあります。記憶力の低下、融通性がきかない、作業が遅い、疲れやすい。

原因

遺伝や脳の働きの不調、環境によるストレスなどいくつかの要因が考えられます。脳内伝達物質のセロトニン、ドーパミン、グルタミンの不足が考えられています。

-うつ・パニック・自律神経

Copyright© うつ状態・自律神経の乱れによる症状 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.