うつ・パニック・自律神経

強迫性障害と診断され「健康になりたい」時に実践すべき3つの対処法

投稿日:

この記事を読んでわかることは次の一つです。

強迫性障害の薬から抜け出して、2度とならない体の作り方

強迫性障害

強迫性障害の症状は、考えや行為に自分自身が縛られることです。自分でも「そんなことで?」とわかっていても、それを避けることが出来なくなります。縛られすぎて日常生活に支障をきたしてしまいます。

強迫性障害の種類

強迫障害には「強迫観念」と「強迫行為」があります。
強迫観念とは、自分でも「そんなバカな?」「ばかばかしい」とわかっていても、頭の中から消せずに、その考えが繰り返し浮かんでくる状態をさします。
一方、強迫行為は、ばかばかしいと理解していても、行動として何度もくり返してしまいます。強迫行為と強迫観念は、同時に起こり、切り離せません。

強迫性障害になると、くだらないとわかっている考えや行動に縛られることで、焦りや落ち込みを感じやすくなってしまいます。さらに、自分では解決の方法が見つけられず、日常生活や社会生活へ支障が出てしまいます。
外見からは判断されずに、心の病であることに気づかずに苦しい思いをされる方も多いのが特徴です。

強迫性障害の原因

強迫障害の原因は性格も大きく関与しています。さらに、糖質の過剰摂取、タンパク質の不足、ビタミンの欠乏など栄養が関わっています。

強迫性障害の治療

強迫障害の治療は、病院などでは薬物による化学療法になりますが、症状を抑えるためだけの処置になります。根本的な解決には、正しい糖質制限とビタミン、タンパク質の摂取の指導が必要です。

-うつ・パニック・自律神経

Copyright© うつ状態・自律神経の乱れによる症状 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.