うつ・パニック・自律神経

「自律神経失調症」で薬に頼らない体の作り方3つのポイント

投稿日:

この記事を読んでわかることは次の一つ。

自律神経失調症の薬から抜け出して、医者に頼らなくて済む方法

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れてしまい肉体にも心にも症状が現れてしまう病気です。自律神経は、交感神経と副交感神経から構成されています。呼吸の調節、体温調節、血管や内臓などの働きと関係しています。

日中活動している時には、交感神経が優位になり、リラックスしている時や眠っている時には副交感神経が優位になります。このバランスが崩れてしまうと、日中のだるさ、やる気のなさ、夜にきちんと眠れなくなったり、症状が重くなるとイライラやめまい、立ちくらみなどが起こってしまいます。

自律神経失調症の症状

睡眠に関する問題、肩こり、冷え性、意欲の低下、食欲減退、腹痛、便秘、下痢、高血圧、息苦しい、動悸、多汗などその症状は様々です。

自律神経失調症の治療

病院では原因不明の痛みや症状があると「自律神経失調症」と診断されるケースが多いです。治療としては、痛い留めなどが効かない場合は、抗不安薬や抗うつ薬などによる薬物療法などが行われることがあります。症状が緩和することはあっても、根本原因がなくなることはありません。

病院でも医師から「規則正しい生活」を指導されますが、具体的な内容にまで言及、指導されることはありません。だから、自律神経失調症と診断されると、薬をやめられないケースも多く見られます。
薬に頼らない体を作るには、正しい栄養、適度な運動、高い質の睡眠が必要になります。

-うつ・パニック・自律神経

Copyright© うつ状態・自律神経の乱れによる症状 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.